荷物チェックリスト


スーツケースの重量をオーバーすると、超過料金をと られますので、気をつけて下さい。

また、テロ防止対策のため、機内に持ち込む手荷物の中にナイフやハサミ、液体物質などを入れることはできませんのでご注意ください。

オーストラリアの検疫は厳しく、フルーツ、ナッツ類、卵製 品、肉製品などの持込はできません。

オーストラリアのスーパーや食料品店で生活必需品・日本食を購入することができますので、最低限の物のみ持ってきましょう。

品目
重要度
備考
パスポート(旅券)
コピーも取っておいたほうが良い。
入学許可証(COE)
コピーも取っておいたほうが良い。
航空券
名前(パスポートと同じ)・発着時間・便名の確認。
海外旅行損害保険証
日本用と海外用の2通の内、海外用を持ち込む。
現金(オーストラリアドル)
最初の生活環境にもよりますが、500ドルぐらい。
クレジットカード
visa、master、amexが有効。
トラベラーズチェック
1箇所のみサインをして持ち込み。
国際運転免許証
オーストラリアで運転が必要であれば準備しておく。
国際学生証
取得できれば可。
就学する学校の書類
到着後、学校の下見を行うのに必要。
常備薬
胃薬、目薬、風邪薬は必須。他は常備薬として数点
洗面用具
歯ブラシ・タオル・携帯用シャンプーなど
衣類
最初に滞在する都市によって服の種類を合わせる。収まりきらない場合は後で郵送で送ってもらうのがベター。
下着・靴
下着は一週間分ぐらいが目安。オーストラリアは靴はそれほど高価ではないので、入国時は必須なものだけがベター。
めがね・コンタクト
オーストラリアでも購入できますが余分に持っていければ良。
ガイドブック
渡航前に情報収集をしておきましょう。
辞書(電子辞書)
英語力を底上げしてくれる必須ツール。
携帯電話
オーストラリアで購入した方が割安。
ノートブックPC
pcには辞書ツールや画像をふんだんに取り込めます。
携帯音楽プレーヤー
英語のリスニング用やリラックスする時の音楽鑑賞用に。
カメラ(デジタルカメラ)
思い出、記念に、PCとセットであれば尚可。
電気プラグアダプター
日本の電気製品を利用する場合に役立ちます。
変圧器
電圧の違う日本の電化製品を利用する場合は必須。
化粧品・ひげそり
日本製のものも現地で購入できますが高価です。
スキンクリーム
都市によっては乾燥している地域もあり、深刻です。
備品
爪きり、耳掻きなど。