オーストラリアでのワーホリに費用はいくら必要?

「オーストラリアへのワーホリを考えていますが、一体いくらくらい費用を見積もっておけばいいのでしょうか?」というご質問をよく受けます。初めてのワーホリ、初めてのオーストラリア生活、まずは夢をかなえる為にも現実的な費用を知って、着実に準備しておくことも大事な一歩です。ワーホリ生活は人それぞれ楽しみ方や過ごし方が違い、それによって費用も差が出てきますが、こちらでは一般的にオーストラリアでのワーホリに必要な費用をご紹介します。

 

オーストラリア ワーホリの準備にかかる費用

1)オーストラリア留学エージェントサポート費用・・・0円~約30万円前後

オーストラリアへのワーホリを計画するとき、まずはインターネットや本、経験者などからいくらぐらい費用がかかるのかなど情報収集を始めると思います。そして、もう少し具体的にスケジュールやワーホリ生活のこと、用意するべき費用を知りたい、誰かに相談したいと思った時にでてくるのが留学エージェントでしょう。

オーストラリアのワーホリをご案内する留学エージェントにも様々あります。エージェントへの費用がかかる場合もあれば、かからないこともあります。留学エージェントを選ぶ場合、その費用についても納得のいくようにしましょう。

 

以下の記事では詳しくエージェントについて記載していますのでぜひご覧ください。

留学エージェントの比較

2)ワーホリビザ申請費用 ※都度変更があります

オーストラリアへワーホリに行く!と決めたら絶対に必要なものの一つがビザです。そのワーホリのビザを申請するのに申請料がかかります。オーストラリアのワーホリの場合、基本的にはオンライン(ネット上)で申請となります。

 

ワーホリビザについて、下記リンクもご覧ください
ワーホリビザ取得について

 

ビザについて、詳しくはオーストラリア移民局のサイトをご覧ください。
※申請料、申請方法などは、都度変更があります。

3)航空券費用・・・平均参考金額(往復)約10万円程度

日本からオーストラリアまでの航空券。これもワーホリの初期費用のうち、多くを占めるものです。よって、この航空券費用をどう抑えるかで全体のワーホリ費用にも差が出てきます。
ジェットスターなどの格安航空会社も人気がありますし、他の航空会社も時期によって金額が異なることもありますので予定と金額をあわせてチェックしましょう。

4)海外旅行保険費用・・・平均参考金額(1年間)約10万円程度

ワーホリでオーストラリアに1年間の滞在用に保険料を見積った一例です。プランによって差は出ますが、参考金額としてとらえてください。

オーストラリア ワーホリの準備にかかる費用

平均参考金額 1週間 約340ドル(ワーホリの就学期間は1年間に最長17週間)
ワーホリでオーストラリアに着いたら、まずは語学学校に行こうと考えている方が多いと思います。そこで気になるのが語学学校の費用。オーストラリアのワーホリは1年間、もしくは2年間という長期滞在が可能なので、最初に英語の下地を作ってから仕事を探したり、オーストラリア国内旅行をしたり、というプランがおすすめです。語学学校の費用は学校やコースによりけりなので、一概には言えませんが、費用と質、自分の条件をあわせて検討しましょう。何よりも費用重視なのか、せっかく勉強するのだからそれなりの質を求めるかで変わってきます。 ラララ・オーストラリアでは、授業料と質のバランスのとれた学校を紹介しています

オーストラリア ワーホリの生活費用

1)家賃、光熱費・・・参考金額 一例 シェアハウス 1週間 約160ドル、ホームステイ 1週間 約270ドル

オーストラリアのワーホリ滞在の費用は、立地や部屋タイプによっても大きく異なりますので一概に金額を出すのは難しくなります。参考金額はあくまでも一例です。オーストラリアのワーホリでシェアハウスにかかる費用には、光熱費などが含まれていることが多いですが、滞在先を決める際に何が含まれているか確認しましょう。

2)食費・・・平均参考金額 1ヶ月 約300ドル

ワーホリでオーストラリアに滞在する時、始めはホームステイをする方も多いかと思います。そうなると、朝晩の食事の費用が含まれているので、費用計算が楽ですね。ホームステイを出てから、もしくは始めから、シェアハウスなどで滞在する場合は食費がかかります。オーストラリアでどのようなワーホリ生活をするかによって費用が変わりますが、一般的にはスーパーで食材を購入し、自炊するのが安く済む形でしょう。

3)交通費・・・平均参考金額 1週間 約40ドル

ワーホリでオーストラリアに滞在中、住む場所から学校や職場までの交通費が日々かかります。住む場所によっても変わってきますが、徒歩圏内に住めばもちろん費用を抑えられます。

4)交際費

ワーホリでオーストラリアにいる間、お友達と放課後や週末遊びに行ったり、旅行をしたりするための費用です。これはどのようなワーホリのプランを立てるかで大きく変わってきます。

オーストラリア ワーホリの費用節約法

ここまではオーストラリアのワーホリにかかる費用を述べましたが、ではどうやって節約したらよいでしょうか。

 

まずは準備段階で費用を抑えられるもの。例えばオーストラリア行き(帰り)の航空券はスペシャルプロモーションがあるときを狙うと安くなります。また、オーストラリア向けワーホリ・留学保険は会社をいくつか比較し、自分にあった保障と費用を比べてみるとよいでしょう。

 

そして、現地についてからのワーホリ生活でもたくさんの費用節約ポイントはあります。
交通費を抑えたいと思ったら、住まいの近くで仕事を探したり、また逆に仕事先の近くで部屋を探したりするのも一つです。食費を抑えるには、スーパーやマーケットで計画的に食材を購入し、自炊する。もしくはまかないつきの飲食店のアルバイトをするのもいいでしょう。

オーストラリア ワーホリでアルバイト

ワーホリでオーストラリアに行くからには、アルバイト(仕事)をしたいと思っている方も多いのではないでしょうか。現地での収入は、貴重な経験だけでなく費用を抑える方法の一つになります。オーストラリアでのワーホリには、就業時間に特に制限が無いというのも費用を抑えるのに良い条件です。(基本的に、1つの雇用先での就業期間には6ヵ月という制限があります。)

 

シドニーなどの街では、英語力がまだそれほどなくてもアルバイトは見つけやすいと思います。というのも、日系のサイトや情報誌などで、日本人向けの求人が出ているからです。アルバイトが見つかれば、旅行費用や日々の生活費用に充てる事もできますし、ワーホリ生活を充実させることができるでしょう。また、ワーホリでオーストラリアに来たからには、現地の人と働いてみたいと思う方も多いでしょう。ぜひ、まずは英語力の向上に力を入れ、現地の求人にもチャレンジしてみてください。

 

ワーホリ留学についてご質問がある方ははラララオーストラリアにお問い合わせください。